Yoshie.Ebihara(えびはら よしえ)


1985年オーストラリアへ、1988年、アメリカへ。
先住民の抱える問題や、知恵、価値観などを知る。このことがその後の人生に大きく影響を与える。

1992年
帰国。

2002年
2人の子供達と共に、東京から長野県伊那市に生活の基盤を移す。 その半年後から歌を授かりはじめる。

2003年
シンガー/ソングライターとして活動を始める。

2004年
WPPD(世界平和と祈りの日)の実行委員長をつとめる。

2005年〜
各地でのライヴは年間約80回行っている。140曲ほどのオリジナル曲の中からその時の空気や、その瞬間思いを寄せていることによって選曲している。
また、各地で”ウーマンズ.ティーピー”と呼ばれる女性の集いを開催し、心の中をシェアーしたり、うたう事を通じてイラクやチベットなどの子供たちを支援する活動を続けている。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

私の思い

”日々の生活の中には様々な思いがわき起こります。
 美しいものを見たり、おいしいものを食べたり、すてきな香りがただよったり。
私を取り巻くすてきな人たち。
  優しく私を支えてくれている人たの存在と新たな出会い。
 そんな日常の中でのこころの揺れは、歌になってわたしの元へ届きます。
 私はそれらの歌をただただうたっています。
 歌を通した私の中の風景と、
歌を聴いてくださった方の中の風景は 多分同じではないんだけれど、
何かが響き合うんだと思う。
 そして、そんな瞬間、私はすごく幸せにつつまれたり、
涙がわき上がってうたう事ができなくなったり。
 私は、たぶんそんな響き合う瞬間のためにうたっているのかもしれません。” 
...Yoshie ...

 

←戻る